実家が空き家になったらどうする?

田舎ですくすく育ち、やがて独り立ちしふるさとを離れて暮らしている方も多いと思います。たまに帰る実家はやはり落ち着くナァ・・・。。さて、あなたは将来の実家についてどう考えますか??もし、将来実家が空き家になったら、売る・・・?それとも・・・?

<調査概要> ◆対象/実家が持ち家で、現在実家に居住者がいる、全国の 30~40 代男女 618 名 ※実家とは、自分が生まれた家や、自分の父母が住んでいる家の事を指しています ◆調査方法/インターネットリサーチ ◆調査期間/2015 年 8 月 12 日(水)~8 月 13 日(木)


調査結果

空き家になった場合、実家は「売れる」42.9%、「借り手が見つかる」31.9%

「もし、実家が空き家になったら」と仮定した上で、「売却する場合、売れると思うか」と聞いたところ、「売れる」と思う人は42.9%でした。また、「賃貸物件にする場合、借り手が見つかると思うか」も聞いたところ、「借り手が見つかる」と思う人は31.9%となり、売るよりも借り手を探す方が難しいと考えているようです。


もし実家が空き家になったら「売却したい」41.6%

「もし、実家が空き家になったら」という仮定で、空き家になった際にどのようにしたいかを聞いたところ、「売却する」が最も多く 41.6%、「賃貸にする(土地活用含む)」は 11.7%という結果でした。売却に次いで 2 番目に多かったのは、「将来自分もしくは親族が住む」で 34.8%、「誰が住むかはわからないが、空き家にして管理し続ける」7.9%を合わせると、実家 を残したいと思っている人も 4 割以上いることがわかります。


売却したい理由「将来住むことがないから」、賃貸にしたい理由「賃料収入を得たいから」

もし実家が空き家になった際にどうするかについて、「売却」を選んだ理由は、「将来、その家に住むことがないから」が最も多く49.8%と約半数、次いで「現金収入が欲しいから」38.5%、僅差で「固定資産税を払いたくないから」38.1%と続きました。一方、「賃貸(土地活用含む)」を選んだ理由は、「賃料収入を得たいから」が最も多く 61.1%と 6 割以上にのぼりました。「もしかしたら将来自分が住むかもしれないから」や「慣れ親しんだ家や土地を手放したくないから」という人も一定数おり、賃貸にする理由も売却するよりは実家を手元に残したいと考えている人が少なくないようです。 
 ちなみに、「もし賃貸にするとしたらどのように活用したいか」についても全体に聞いたところ、最も多かったのは「居住用賃貸物件として貸し出す」で 71.7%、次いで「家を解体して駐車場として貸し出す(コインパーキング含む)」15.9%、「家を解体してマンション・アパートを建てて賃貸経営する」11.8%と続きました。


空き家を管理してくれるサービスがある事を知っている 26.7%

空き家に関するサービスや法律等について認知度を調査したところ、「空き家を管理してくれるサービス」があることを知っている人は26.7%、「空き家対策のための特別措置法が2015年5月に執行された」ことを知っている人は35.8%、「それにより、場合によっては悪質な空き家に対して、市町村が除去などの措置を強制執行できる」ことを知っている人は39.8%、「空き家バンク」を知っている人は 14.7%でした。 ※空き家バンクとは、主に自治体が移住・定住促進等のために、空き家情報を提供する仕組みのこと。


今回約半数近くの方が『手元に残す』という結果でした。長年誰も住まない家は住んでる家以上に建物の傷みが早いです。住まないにしても定期的に空気を入れ替えたり、水道を使用したり庭のお手入れをする事は大事です。また災害時や火災、いたずらの面でも近隣の住民さんを困らせる事にもなり得ます。弊社では『大事な実家の土地を手放す事は考えていないが、遠方に住んでいて管理が困難』な方や事情を抱えている方の為に『空き家管理』も積極的に取り組んでおります。お気軽にご連絡、ご相談くださいませ。