子供ができる前に住まいを購入した夫婦の実態調査

お子様がいない夫婦で住まいを購入される方は、どのような住まいを探しているんだろう??今度子供ができたらどうするの??

<調査概要>
◆対象/子供が欲しいと思っており、子供ができる前に東京都内に住宅を購入した夫婦 353 名。 ◆調査方法/インターネットリサーチ ◆調査期間/2015 年 2 月 20 日(金)~2 月 25 日(水) ◆アットホーム調べ
 



調査結果

約半数は子供にとっての住環境や教育費を想定して購入

子供が欲しいと思っていて、子供ができる前に東京都内に住宅を購入した夫婦に聞いたところ、子供が生まれたら住み替えたいと考えている人は、17.6%(62 名)でした。一方で、もし子供ができなかった場合、住み替えたいと考えている人は19.3%(68 名)で、わずかですが、子供ができなかった場合の方が、住み替えたいと考えている人が多いという結果になりました。
また、子供にとっての住環境を考慮したか、子供の教育費がかかることを想定したかという質問に対しては、いずれも49.0%(173 名)の人が「はい」と回答。約半数の方は、子供が生まれた後のことを想定し、住環境や教育費のことまで考えて購入していることがわかりました。


子供のことを考えて住宅購入をした人 が重視した点

前述のとおり、子供にとっての住環境を考慮して住宅を購入した人は 49.0%と約半数でしたが、その方々が何を重視したのか聞いたところ、重視したことの 1 位は「日当たり・風通しが良い」が 61.8%と圧倒的に多く、2 位の「収納が多い」(31.8%)に 30 ポイントも差を付けました。3 位には「キッチンからリビングが見渡せる」がランクインしており、生まれた場合の子育ての様子を細かくイメージしている人も少なくないようです。
また、重視した環境の 1 位は、「スーパーなど買い物施設が近い」が 56.1%(97 名)、2 位は「治安が良い」で 50.9%(88名)、3 位は「公園が近い」で 45.1%(78 名)と続きました。病院や育児施設を重視した人も 3 割以上います。
 


約 8 割が新築を購入

購入した住宅の概要を聞いたところ、住宅のタイプについては新築マンションが最も多く 41.6%、次いで新築一戸建てが 35.4%でした。合わせると 77.0%と約 8 割が新築物件を購入しており、新築志向が強いことがうかがえます。全体の平均価格は約 4,539 万円、平均延床面積は 85.8 平米、駅からの平均徒歩分数は 9.9 分でした。 また、購入した住宅の間取りは、1位が「3LDK」で、54.7%と半数以上を占めました。一方、子供が生まれた場合の理想の間取りも1位は「3LDK」で、50.4%と半数を超えており、やはり子供が生まれた後のことを想定して理想の間取りを購入する方が多いようです。


子供が生まれた後も、働き続けたい奥様 56.2%

子供ができる前に、住宅購入した理由1位「賃貸よりも購入した方が得」

子供が生まれた後ではなく、子供ができる前に住宅購入した理由の 1 位は「賃貸と比較し、購入した方が得だと思ったから」で 55.0%と半数以上にのぼっています。次いで「早くマイホームが欲しかったから」が 31.7%、「金利や相場が買い時だと思ったから」が 30.9%と、いずれも約 3 割という結果でした。 また、自宅を購入したキッカケの 1 位は「いい物件があった」で 46.5%(164 名)、2 位は「結婚」で 41.6%(147 名)となり、合わせて 8 割以上にのぼりました。


お子様がいない夫婦で住宅を購入する時、半数の方は子供ができた事を規定して購入しているんですね(^^)正直、ぱんだちゃんは結婚後すぐに住宅を購入するのは利口的☆だと思います。子供が生まれた後バタバタ住宅について悩んだりするより、ゆっくり夫婦2人で話合いでき、早い段階で人生設計を組めますので人生の意識が変わりそうです(^▽^☆また結婚後すぐに住宅を購入するのはある程度貯金もある20代より30代の方が多い傾向のようですね!