共働き夫婦の家の居心地

共働き夫婦にとって、家は【癒しの場】になっているのかな??家事分担、配偶者との仲・・・ほかの家庭の事ってとっても気になる(^^)❤

<調査概要> ◆対象/全国の、夫婦共にフルタイム勤務をし、子供と配偶者と同居をしている 20~50 代の男女各 312 名、計 624 名 ◆調査方法/インターネットリサーチ ◆調査期間/2016 年 11 月 18 日(金)~11 月 19 日(土) ◆アットホーム調べ


調査結果

自宅は「癒しの場」84.0% 女性は男性より「癒しの場ではない」人が多い

自宅が「癒しの場」かどうか聞いたところ、「はい」と回答した人は 8 割を超え、84.0%でした。男女別で見ると、男性は 86.9%、女性は81.1%で、女性の方が男性よりも5.8ポイント低く、女性は「癒しの場ではない」という人が2割弱いました。


家にいて癒されると思う時

「家にいて癒されると思う時」で最も多かったのは、男性は「家族でご飯を食べている時」(53.8%)、女性は「家族で会話を している時」(41.7%)でした。2 位以降は、男性は「家族で会話をしている時」(38.8%)、「家族とテレビを観ている時」(32.1%) と続くのに対し、女性は「一人でお風呂に入っている時」(41.0%)、「一人でボーっとしている時」「家族でご飯を食べている時」 (38.1%で同率)という結果になりました。全体的に、女性は一人でいる時が癒されることが多いようです。


仕事が終わっても「家に帰りたくない」と思うことがある 全体約 3 割

仕事が終わっても「家に帰りたくない」と思うことが「ある」という人は、全体で 29.2%と約 3 割にのぼりました。男女別で見 ても、男性 29.8%、女性 28.5%となり、ほとんど差はありませんでした。


仕事が終わっても「家に帰りたくない」と思った理由として最も多かったのは、男性は「一人になりたいのになれないから」 で 59.1%だったのに対し、女性は「家事などやることがたくさんあるから」で 62.9%と、6 割を超えました。女性はその他にも 「配偶者がいるから」や「子供の相手をするのが大変だから」も男性より高く、2 割以上となっています。一方の男性は「帰っ ても家族に歓迎されないから」「肩身が狭いから」などが女性に比べて高い結果となりました。


共働き女性「家事大変」74.0%  家事分担比率 最多回答は「夫:妻=1:9」

 「家事が大変だ」という人は、女性で74.0%にのぼり、男性は45.8%でした。夫婦での家事の分担については、「分担して いる」という人は全体で 54.2%でしたが、実際に分担の割合を聞いたところ、「夫:妻=1:9」が最も多い結果となりました。 多くの共働き家庭では女性の家事負担が大きく、そのことが女性の「自宅が癒しの場ではない」や「仕事が終わっても帰り たくない」といった気持ちにつながっているのかもしれません。


たまに一人暮らしがしたいと思う 男女とも半数以上

たまに一人暮らしがしたいと「思う」人は全体で 56.6%、男女ともに半数を超える結果となりました。仕事とウソをついて 寄り道をして帰宅したことが「ある」人は全体で 35.3%、男女別で見ると男性は約 4 割でした。また、仕事の用事とウソをつ いて休日に出かけたことが「ある」人は 21.2%、仕事の飲み会とウソをついて遅くに帰宅したことが「ある」人は 20.0%で、 いずれも女性よりも男性の方が多く、男性の 4 人に 1 人はウソをついた経験があるようです。


美味しい手料理は家に帰りたくなる一因  77.6%


自宅が「癒しの場ではない」人の夫婦仲良し度 平均 38.2 点 「癒しの場」の人は 68.2 点


配偶者との仲の良さを点数で答えてもらったところ、全体の平均は 63.4 点でした。前項で、自宅が「癒しの場」と回答した 人と「癒しの場ではない」と回答した人で比較をすると、「癒しの場」の人は平均 68.2 点、「癒しの場ではない」人は平均 38.2 点で、差が開きました。夫婦仲は自宅での居心地に大きく関係があることがわかります。

配偶者に感謝の言葉をかける 「癒しの場」の人 58.4% 「癒しの場ではない」人 26.0%

普段配偶者に感謝の言葉を「かけている」という人は、全体で 53.2%と、半数を超えました。一方で、自宅が「癒しの場」 という人と「癒しの場ではない」という人で比較をすると、「癒しの場」の人は 58.4%、「癒しの場ではない」人は 26.0%で、 32.4 ポイントもの差がありました。


夫婦での1日の会話時間を調べてみると、全体での平均は68分でした。これを自宅が「癒しの場」かどうかで比較をする と、「癒しの場」という人の平均会話時間は 74 分、「癒しの場ではない」という人は 36 分でした。「癒しの場ではない」という 人は、「10 分未満」の割合が 24.0%と、4 分の 1 近くがほとんど会話をしていないことがわかりました。


家の居心地は、夫婦の仲の良さの影響が強いです!また男女共に半数以上の方が【1人になれる空間が欲しい】との事です。例えば男性なら書斎、女性なら家事室等、ゆっくり一休みできる空間が家のどこかにあるといいですね。寝室を別室にしても仲良く暮らしてる夫婦はたくさんいますし色んな形の夫婦がいます。ちなみに、【配偶者がいるから家に帰りたくないと思ったことがある】のは男性より女性の方が多い結果に!ぱんだちゃん目線(♀)でいうと、旦那様は奥様に嫌われないよう、たまにはご褒美をあげてほしい(>▽<)