不動産取得税の減額について

●住宅用地の減額

 

宅地を取得した場合、不動産取得税の税額は次式で計算されます。

『宅地の評価額(固定資産税評価額)×1/2×3%』

(注)宅地については、価格の2分の1が課税評価となる特例がある。

 

宅地を取得した日から3年以内にその宅地上に住宅が新築された場合、宅地の取得に対する不動産取得税が減額(次の①、②いずれか多い金額)されます。

①4万5000円

②土地1㎡あたりの価格×1/2×住宅の床面積の2倍(200㎡/戸が限度)×3%

 

例えば、200㎡の土地の上に、延床面積100㎡の住宅を新築すれば、不動産取得税金は、②の計算式による減額分と同等となり、納税額はゼロとなります。なお、新築する住宅の床面積は、50㎡(戸建て住宅以外の貸家住宅は40㎡)以上240㎡以下が要件となります。

 


●宅地の取得者と住宅を新築するものは別でもよい

 

この特例は住宅用地としての特例なので、前述のように宅地を取得した日から3年以内に新築しなければなりませんが、宅地の取得者と住宅を新築するものは別でもかまいません。

 


↓物件検索はこちらのページより